ロダン&フィールズ特集

美白ケアに向いている化粧水を徹底比較

年齢を重ねるごとにシミやソバカス、ニキビ跡などの肌のくすみが増えてきます。これらの肌トラブルは老けた印象を与えてしまうので、早めにケアすることが大切です。シミやソバカスなどをケアするアイテムの1つに、美白化粧水があります。スキンケアアイテムの基本である化粧水で美白効果を得られるのが大きな魅力です。

けれど美白化粧水には配合された成分により効果が変わってくるので、購入時に充分に比較して選ぶことが大切です。美白成分の働きを大きく分けると、肌のくすみの要因となるメラニン色素が増えるのを抑える働きのものと、肌に定着したメラニン色素を還元していくものの2つがあります。できたしまったシミを薄くしたいのに、メラニン色素の生成を抑えるタイプの美白成分を補っていても、効果があらわれにくいので比較することが重要です。シミの生成を抑えたいという人は、アルブチンやトラネキサム酸、コウジ酸などが配合されたものを選ぶようにしましょう。

これらの美白成分を朝に使用することで、シミの予防を比較的に高めることが期待できます。さらに、効果を高めるためには、シミやソバカスなどができる前から使うことがポイントになってきます。シミやソバカスを薄くしたいという人は、ビタミンC誘導体やプラセンタエキス配合の化粧水がおすすめです。これらを補うことで肌の新陳代謝が高まり、じょじょに肌のくすみを改善することが可能です。

アルブチンやトラネキサム酸のようにシミ予防に良い成分も同時に補うことで、より効果的にシミをケアできます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *