ロダン&フィールズ特集

敏感肌の人が化粧水を選ぶ時に注意したいこと

敏感肌の方は、肌が刺激に対して反応しやすい状態です。化粧品を少し顔に付けたり、髪の毛や衣服が触れたりしただけで、傷みやしみるような刺激を感じることがあります。化粧水を選ぶ際には、敏感肌のラインを揃えているブランドから選ぶことを勧めます。敏感肌でも様々な肌タイプがあり、化粧品メーカーでは、肌の状態に応じた化粧水が用意されていることが多いです。

乾燥が酷くて敏感な状態を引き起こしている場合は、保湿タイプがいいでしょう。肌に潤いを与え、刺激となるのを防ぎます。保湿成分やバリア機能を整える成分が多く入り、清涼感は感じにくいでしょう。Tゾーンは脂っぽく、頬や口元のみ乾燥している場合は、混合タイプの製品も扱っていることがありますし、化粧水のみ保湿タイプのラインから選んで、他の化粧品を脂性肌用の基礎化粧品を利用する選び方もできます。

ニキビや吹き出物が多い敏感肌の場合は、脂の分泌が多く、ニキビの原因菌で炎症を起こして、余計に刺激を感じやすいことがあります。敏感肌用の中でも脂性肌用のラインから選ぶといいでしょう。さっぱりとした使用感で、清潔な状態を保ちやすい抗炎症作用のある化粧水が向いていると思われます。炎症がひどければ、皮膚科で診療を受け、扱いのある化粧品を紹介してもらうといいでしょう。

化粧水を選ぶ際には、化粧品メーカーや売り場から試供品をもらうか、1週間程度利用できるトライアルキットを購入し、肌に合うか試してから、購入するといいでしょう。売り場が近隣にない場合は、メーカーサイトや皮膚科医が推奨する化粧品を販売しているサイトで相談をすると、肌タイプに合うサンプルをもらえることもありますし、割引価格でトライアルキットが購入できることもあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *