ロダン&フィールズ特集

エイジングケア化粧品について

エイジングケア化粧品は、30代になってから使用し始める人が多く、エイジングケア化粧品の中でも、比較的若い世代向けの製品から、年齢を重ねた世代向けの製品まで色々あります。エイジングケア化粧品は、徐々に減少していく美肌成分を補うという考え方が通常ですが、コラーゲンを自ら作り出す働きをする成分が配合されているものもあります。間接的にエイジングにアプローチすることで、肌本来の力をアップさせ、内側からハリのある肌を目指すことができます。エイジングケア化粧品によく使われるのが、ヒアルロン酸やリピジュアなどといった保湿成分、コラーゲンやエラスチンなどハリが期待できる成分、アスタキサンチンやピクノジェノール、ビタミンC誘導体などの抗酸化成分です。

肌が乾燥するとエイジングを早めることもあり、潤い成分はエイジングケアに欠かせない成分といわれています。また、抗酸化成分は肌の老化スピードを遅くすることが期待できるので、毎日少しずつでも使いたい成分のひとつです。各メーカーから販売されている製品には、ブランドオリジナルの有効成分が使われているので、どれも同じようなものというわけではありません。最新のエイジングケア成分が採用されているものは、コストパフォーマンスの面で少々続けにくい場合もありますので、効果的でバランスの良い配合、さらに続けやすい値段のものをたくさん使う方が良いです。

しかし、より確かな効果と即効性を求めるのであれば、高価な製品を使う方が良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *