ロダン&フィールズ特集

エイジングケア化粧品、どれを選ぶ?

お肌の悩みは、歳を追うごとに増えるばかり。どうにかしたいと思っているけど、具体的にどうしたらいいのかが分からずに、時間だけを無駄にしていませんか?肌年齢に対する悩みは、ずばりエイジングケア化粧品に頼りましょう。なんとなく高価なイメージのあるエイジングケア化粧品ですが、最近はリーズナブルなお値段のものもたくさん出てきました。これはエイジングケア化粧品が、開発されて、承認をうけ、そのノウハウが一般化され価格にも反映されてきたと言えます。

コスメコーナーを見渡してみると、『オレンジ色』のパッケージが多いことに気付きます。これは、エイジング化粧品に含まれる成分に、「アスタキサンチン」が多いことの証明だと思います。アスタキサンチンとは、自然界にある天然色素であり、鮭やエビ、カニなどに含まれるカロチノイドの一種です。体内の活性酸素(体のサビつきの原因)を除去する効果があると注目されているのです。

人間の肌の衰えを根本から考えると、その原因は「サビつき」なんです。それを食い止めることが、エイジングケアの根本の考えとするのが、現在のケアの主流になっています。サビつきを抑えること=エイジングケアなんです。このアスタキサンチンは化粧品の中で安定させる事が難しいと従来言われてきましたが、安定させる事が出来たのも日本の技術力のたまものではないでしょうか。

単にお肌のケアだけにとどまらず、このアスタキサンチンには、体の内部から若返りの効果があると言われています。オレンジ色は、若返りの色ですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *